サービス紹介

業務分析コーディネートサービス

お客様が抱えるさまざまな課題に対し、ビジネスパートナーの立場で、お客様の経営資源(「ヒト」、「モノ」、「カネ」、「情報」、「環境」)を有効活用し、『問題解決技法』を用いて経営思想を反映したあるべき姿の業務に導くサービスが南国システムサービスの「業務分析コーディネート・サービス」です。

こんなことでお困りではありませんか?
こんなことでお困りではありませんか?

漠然とした問題がある中、いつも、こんなことを悩んでいる・・・

  • 命題は見えているが、どこからメスを入れてよいかはっきりしない。
  • 自分がその気になっても周りがその気にならないと実現が難しい。
  • 進めるための手段が見当たらない。
成功に導くための本質
成功に導くための本質

ポイントは、経営思想を反映したバランスのとれた構想立案

業務システム構築のポイント
構築はあくまで『経営思想を反映した業務システム』
情報システム開発は脇役( = 情報システム開発の自己目的化は失敗の元凶 )従って、
プロジェクト目的の達成に対し、「何がそれを阻害しているか」「どう解決したら良いか」の明確化が重要!!
『問題解決技法』とは
セッションを通してメンバーと一緒に、直面している問題から最終的に解決すべき実施課題を求めていく手順をフレームワーク化

セッション*を通してメンバーと一緒に、直面している問題から最終的に解決すべき実施課題を求めていく手順をフレームワーク化した技法です。

※セッションとはコーディネータによる進行のもと、自由な発想でメンバーどうし意見を出し合い、本質的な課題や解決策を導きだしてゆく合意形成型のディスカッションです。
業務分析⇒業務プロセス・リデザイン
業務分析⇒業務プロセス・リデザイン

業務分析フェーズで明確化した課題を、業務プロセス・リデザイン・フェーズで「制度・組織・ルール」「情報システム」へと具体的に落とし込んでいきながら、「業務のしくみ」を抜本的に見直すことが重要!!

コンサルとコーディネートの違い
コンサルとは!!
業務または業種に関する専門知識を持って、主に企業に対して外部から客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うこと。(コンサルティング – Wikipedia参照)
→ある意味、既に答えを持っている。
→指摘された側はやらされた感がある。
コーディネートとは!!
業務または業種に関するある程度の専門知識を持って、主に企業に対してビジネスパートナーの立場でセッションなどを通して現状業務の課題の整理、本質的な原因の追究、具体的な実施課題と対策案を合意形成のもと導き出して、企業の発展を助ける業務を行うこと。
→セッションは筋書きの無いドラマである。
→自分たちで合意形成したものなので達成感がある。
成功に導くための条件
プロジェクトを成功に導くための合意形成ポイントはこれ!!
  • トップをリーダとし、トップがプロジェクトメンバを任命する形をとること。
  • メンバは自分の所属部門の利害を離れて、グループ全体の最適化を考えること。
  • トップダウンが原則だが、部門間の利害調整が必要となることを認識すること。
  • 期限とアウトプットを明確に宣言すること。
  • ゴールはシステム稼動ではなく、運用定着化と経営効果導出であること。
ご提供価格
サービス価格
1.業務分析コーディネート・サービス:『個別見積り』となります。
※最初の「相談レベル」は無償にてご支援させて頂きます。
まずは、お気楽にご相談ください。
当社ITコーディネータのご紹介
福岡支店長 和田 憲長
ITコーディネータ
経済産業省推進資格
認定番号:0103502012C

ITコーディネータはIT経営を実現するプロフェッショナルです。

資料請求・お問合せ

南国システムサービス株式会社
受付時間 9:00~12:00/13:00~17:30
(土日祝および当社指定休日を除く)
TEL099-255-2220/FAX099-255-0972
ページ上部に移動